利用規約(患者様)

この利用規約(以下、「本規約」といいます)は,ケアリーチ株式会社(以下、「当社」といいます)がインターネットおよびアプリ等で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆様(以下、「ユーザー」といいます)には、本規約に従って本サービスをご利用頂きます。


第1条(適用)
本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)
登録希望者が当社の定める方法によって利用登録を申請し、当社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。
当社は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際し、虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)その他、当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)
ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。
ユーザーは、いかなる場合にも、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。当社は、ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第4条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)当社のサービスの運営を妨害する恐れのある行為
(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他のユーザーに成りすます行為
(7)当社のサービスに関連し、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)その他、当社が不適切と判断する行為

第5条(本サービスの提供の停止等)
当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第6条(利用制限および登録抹消)
当社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対し、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第7条(免責事項)
本サービスにおいて医師が提供する助言、診断、治療方針、その他すべての医師からの発言は、あくまで第三者としての参考意見であり、それをもって診断や治療を決定することは出来ません。その発言や記録などを診断書として使用することも出来ません。ユーザーが現在医療行為を実際に受けている医師に必ず相談した上で、その医師に最終的な判断をご確認下さい。

現在治療行為を提供している医師が、本サービスからの助言に従って医療行為を行った場合でも、診断や治療などの最終決定はその医師が行ったことになります。ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、当社および医師・医療通訳者は、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

本サービスにおいて、医療通訳者が提供する翻訳の内容に不備があった場合、その医療通訳者また当社は一切の責任を負わないものとします。不備を少しでも減らすためには、複数の医療通訳者に相談されることをお勧めしております。

本サービスに掲載されている医師情報、医療通訳者情報、医療機関情報などは各医師・医療通訳者また各医療機関などが提供するものであり、当社はその内容についてその真偽を含め一切責任を負いません。

当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

当社は、本サービスに関して、ユーザーと本サービスに情報を掲載している医療機関を含む第三者との間において生じた医療行為、取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第8条(サービス内容の変更等)
当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(利用規約の変更)
当社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第10条(通知または連絡)
ユーザーと当社との間の通知または連絡は、当社の定める方法によって行うものとします。

第11条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第12条(準拠法・裁判管轄)
本サービスの解釈および本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。


JPDシステムのセキュリティー

 Japan Private Doctorは世界の皆様の健康に関する問題を解決するためのネットワークです。健康情報には個人情報が含まれるため、セキュリティを最重要視しています。下記に本システムのセキュリティ及びデータ保護に関する取り組みを記します。

1. 構造的(アーキテクチャ)セキュリティー

本システムの特徴として、個人を特定する情報(氏名など)とその個人に関する情報(健康情報など)を分けて管理し、クラウド内の別サーバーに格納していることが挙げられます。また、その他の情報、画像ファイル情報、医療情報なども分散させることにより個人情報の漏えいを構造的に防いでいます。

また、各種情報へのアクセス権限も細かく管理されており、医療情報などは基本的に専門職(医療従事者、医療通訳など)のみがアクセスできるように制限しています。

2. クラウドサーバーのセキュリティー

すべてのデータ保存用サーバーのディスクは暗号化されています。また、クラウド内のサーバー間通信はIPアドレス制限されている上、暗号化されています。利用されているクラウドはさくらVPSサーバーです。

また、外部からアップロードされるファイルはすべてウイルスチェックをかけており、マルウェアやウイルスの侵入を防いでいます。

3. 通信のセキュリティー

本システムとユーザーの通信はすべてHTTPS(暗号化されたウェブ通信)にて行われ、SSLにて暗号化されています。

また、サーバーへの管理用アクセスは決められたIPアドレスに制限されています。